FC2ブログ

ひとり娘の中高一貫校の日々(その後)

一人娘は私立中高一貫校卒業し、大学2年生に。娘に関わりたい親父のブログです。

指定校推薦で入学したらどうなった⑩

そうそう、マリンちゃんにも彼氏ができました。
同じ大学の同級生。
彼は一般入試で、もう少し上を目指していた苦労人。
しょつちゅう喧嘩してますが、まあまあ仲良しなのかな?

バイトも2つかけもちして稼いでいます。

2年になっても課題提出の頻度、ボリームに苦しみ「やめる」を連呼してますが、もはやパパもママも相手にせず。

だけど重量級の課題をこなしつつ、遊びに恋に、バイトもしつつ、結果削れるのは睡眠時間だけ。

前期試験も終わりましたが、7月の1か月は平均睡眠時間3時間、芸能人なみの生活を送っていました。

たくましくなったもんだね(*^_^*)
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

指定校推薦で入学したらどうなった⑨

さて、マリンのことはさておいて、早稲田大学内での指定校推薦入学者は思っていた以上に多いように感じます。
4人に1人ぐらいはいる?

昨今の大学定員の厳格化の影響で、一般入試が厳しくなり、その分指定校推薦の利用者が増える(余りなく使う)
で、さらに一般入試が狭き門にという、妙な連鎖が起きているのでしょう。

マリンはなんとか単位を落とさずにというレベルですが、はっきり言って早稲田に指定校推薦入学されている子達は皆優秀です。
GPAも3以上はあたりまえ。

真面目な子が多く、授業をさぼるどころか、前列で一生懸命聞く子が多いようです。

「授業についていけず単位を落として留年、やがて中退」というのが指定校推薦入学者をネガティブに表現する際の定番ですが、早稲田、少なくとも理工学部に関しては当てはまらなそうです。

超難関校ではありませんが、中堅進学校のエース級が手堅く指定校推薦で手を打ってるケースが多いように感じます。

一方で一般受験の入学者は「東大」「東工大」を目指された方が多く、非常に優秀。早慶は物理、化学2科目MUSTですから、他の私立大学理系とは失礼ながらレベル感が違うかと。

これまた非難のターゲットになりやすい附属からの入学者ですが、こちらも皆さん地頭が良い子が多いようです。確かに中学入試、高校入試でも附属校の合格偏差値は非常に高く、超難関校なみの高いハードルをのりこえられていますものね。

マリンは入学当初、皆優秀なのに驚くとともに、必要以上に劣等感を抱き、ついていけないと感じたようです。
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

指定校推薦で入学したらどうなった⑧

ずいぶん引っ張ったあげく、出だしと違った方向になってすみません。

でも、すべて事実です。

親としてはハラハラ、ドキドキでした。

後期になると、友達関係も狭い範囲ながらより一層密に、居心地もよくなったようです。

また、後期の成績はと言うと、これまた単位を落とすことなく、すべてクリアしました。
この年間通じての結果を見ると、単に前期の成績がまぐれ、奇跡だったのではなかったようです。

何故マリンが「やめる」とまで騒いだのかは、必要以上に劣等感を感じたこと。
慣れるまで時間のかかる本人の性格によるものと、後日あらためて述べますが卒業した中高の環境によるところだと思います。

だだ、単位は落とさなかったものの、成績評価は悪く、GPA平均は3点に届かず(;д;)

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

指定校推薦で入学したらどうなった⑦

「やめる」と言ったものの
指定校推薦で入学した手前、母校の高校に迷惑かかると少し考えることに。
実際は「やめるなら高校に謝りに行け」とパパに言われてヒビった?

当初は「6月いっぱいは考える」
が、「7月前期試験は受けてみる」に変わる。

「再受験するには間に合わなくなるよ」とパパが言うものの、さらに「9月に前期の成績出るまで様子を見る」とずるずると。
今までの話を聞く限り、単位を落としまくって踏ん切りもつくだろうとパパも静観することに。

夏休みはなんだかんだ言って、大学の友達(いたの?)と旅行に行ったり、夏休みの課題を友達と一緒にやるうちに、どんどん仲良しが増えて徐々に「ぼっち」から脱却。

でもって前期の成績はいうと「単位を落とすこともなし」

えっ、、、「単位を落としてない?」、、、どういうこと?
間違え?奇跡??
ふざけるな!
ここまでお読みいただいた皆様も同じ「ふざけるな!」とお感じの事と思います。
すみません。

一体全体、あの騒ぎはなんだったの? 
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

指定校推薦で入学したらどうなった⑥

大学編入情報収集に向かったのは、大学編入専門の予備校「中央ゼミナール」

説明会に参加すべく、はるばる高円寺まで行ってきました。
(パパだけがね)

説明会にはマリンちゃんぐらいの大学生が大勢参加してました。
需要があるんですね。

大学の編入はあまり話題に上りませんが、結構幅広い大学で募集があることがわかりました。
それも私立だけでなく、国立も。

また、編入試験は英語と論文、面接を中心とした大学が多く、意外とハードルは高くなさそうです。

この「中央ゼミナール」は過去の膨大な編入に関する情報(過去問や合格体験等)、合格に向けた指導ノウハウを保有していると感じました。

実際に中央ゼミナールの持つ過去データを閲覧させてもらいましたが、大学別にすごい情報量でした。大学によって当初の入学者数を見誤った年度も把握しており、説明会では狙い目の大学、学部、学年についても触れていました。

編入チャレンジもありかな。。と当時、感じた次第です(゚∀゚)
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
プロフィール
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

QRコード

QR

AD